FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-28(Sat)

大盤振る舞い

どうかと思うんですけどね。



本社の業績が好調なので大盤振る舞いなんでしょうが、ダイエー時代からそうですが、大盤振る舞いした後は大抵・・・ということが多いので、不安しか無いんですよね。



ただ、内川選手に関しては2億7千万円でも低い気がします。彼は4億もらっていても別に驚かないです。2012年の交流戦は酷かったですが、それ以外の時期の活躍と横浜時代の実績を考えればむしろ低すぎると思えるレベルです。



長谷川選手、松田選手、本多選手は高い気がします。それぞれ3000万円から5000万円は高い気がします。優勝して日本一ならこの査定でも納得ですが、今年は4位でクライマックスシリーズにも出られていないわけですから。



原因は秋山氏以下現場の首脳陣の能力が無い上に改善が全く見られないことですが、選手には自分たちの力だけで無く本社の業績が好調なことによる大盤振る舞いだということを自覚してもらって、向上して欲しい物です。



長谷川選手には高年俸に対する自覚があるようなので、大丈夫かなと思いますが、本多選手は今年の成績で現状維持にすら不満という記事が出ていて全く自覚が見られないので、不安しかありません。



松田選手は場所と時期によって口にする目標が違うのが不安。ただ、3割30本100打点30盗塁を目指すということでしょうから、実現できるように頑張って欲しいところです。この目標を達成するには首脳陣のサポートも必要でしょうから、来季は難しいかもしれませんけどね。



首脳陣にはそういう発想が全く無いみたいですが、4番を補強したと考えたのなら松田選手1番ということも検討してもらいたいところ。打点100が難しくなりますが、松田選手もあまり口にしていませんし、ならいっそのこと1番で松田選手に勢いをつけてもらうというのも有りでしょう。ホームランを打てる選手を1番に据えた打線というのは過去に例がありますし。



本人も過去にやりたいということを言及していますし、WBCのときでも検討されていましたし。



だけど、藤本氏にそういう発想がなさそうですね。柳田選手の1番願望を「アホか」と一蹴していたみたいですし。自分たちのやり方に固執して選手の可能性を探ることをしようとしていませんし。



秋山氏も2012年のオールスターで日本ハムの陽選手を1番で起用する発想を見せているくせに自分のところの選手に対してはなかなか可能性を試そうとしませんし。頑固で動かないし、自分のやり方に固執する人ですし。何より、自分のところの選手を信頼していませんからね。可能性を決めつけているところがあります。の割に余所の芝生は青く見えているみたいですから厄介なことこの上ない。



フロントもBクラスの責任を選手に押しつけるわけにはいかないと言っていますが、なら人事を変えて欲しいところです。毎回コメントする人間が変わるのはいかがなものかと。



長谷川選手は今季首位打者で大幅アップは納得です。ただ、キャンプの守備練習中に頭部陥没骨折をしていましたからね。オープン戦で中村選手、柳田選手が好調で普通の監督で本当に競争の中にいたのなら開幕から試合に出られるということは無かったわけですからしっかりと取り組んで欲しいところです。契約更改のときに守備も指摘されていたみたいですし、その点も頑張って欲しいところです。



松田選手は4番のときの成績が物足りないわけですが、離脱もなく、打点も自己ベストを更新しているわけですから、アップは当然だと思います。死球での骨折に対する対策もシーズン後半にはやっていて、改善が見られますし。ただ、入団時から将来的にリーダーになるよう期待されているわけで、その点は今シーズンも不満です。4番に入ったときに成績が落ちるのが良い証拠です。選手会長として迎える来季こそ責任ある立場になったときに結果を残せるようにメンタルを鍛えて欲しいところです。それとマウンドへの声かけです。



選手会長になるわけですから周りに遠慮しないでほしい。



とはいえ、いきなりという訳にもいかないでしょうから、イ・デホ選手を防波堤にして徐々に改善して欲しいところです。講演でのトーク力が向上したように準備をしっかりとお願いします。



攝津投手はさすがに後半疲れていましたが、あれはWBCの影響とコロコロ方針が変わる秋山氏のせいでしょう。



WBCではリリーフとしての役割を期待されていて調整も違う中で、WBC組で唯一の開幕投手を勤めていましたし。



前半本人は完投する気だったのにWBCの影響を考慮されて球数制限をかけられていましたし。かと思えばチームが苦しくなってきたら途端に首脳陣が方針を転換させてきましたし。後半も中5日で優勝を狙いに行くとぶちまけていたくせに優勝が難しくなった途端に方針をあっさりと転換させる秋山氏のせいでモチベーションの維持というか精神のコントロールも難しい中での15勝ですからね。アップは当然でしょう。



やる気があるときに抑えろといわれ、切り替えたときに方針を転換されるシーズンでかなり秋山氏に振り回されましたからね。WBCも含めて調整の難しいシーズンだったと思います。勤続疲労もあったでしょうし、それでもあれだけの成績なんだからすごいの一言です。



言及されてはいませんが、連勝中の田中投手とも投げ合いたかったのでは無いでしょうか。8月1回中5日で行けば投げ合えたので、見てみたかったんですけどね。ファンとしては。



来季も秋山氏に振り回されるでしょうが、何とか怪我無く回って欲しいです。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013-12-26(Thu)

ホークスV逸の戦犯の1人と考えている

本多選手が現状維持で3年契約ですか。打率は戻しましたけど、盗塁数は11年の3分の1。大量点差がつくと真っ先に気持ちを切らしてエラーをする選手会長でしたし、V逸が決まった後の消極的な「まだ2位にも3位にもなる可能性がある」というコメント(あの段階で3位なんだから2位になれる可能性があるから頑張る!と普通はコメントします)といい、この年俸にふさわしいとは思えないんですけどね。


ピンチになっても投手に声をかけにいくシーンをほとんど見ないですし。


WBCがあったから調整がという意見や怪我を抱えているという意見もあるんでしょうが、何度もこのブログで書いているように2年連続で開幕シリーズで膝に自打球をぶつけてスタートダッシュに失敗してチームを乗せきれなかったくせに調整中に膝に防具をつけることを試しもしない。来季もしてなくて、また膝に自打球ぶつけて4月出遅れる気がします。


しかも、相手の技術が上がったからスタートが切れなくなりましたという趣旨のコメントがシーズン後に出ていますし。


チームリーダーとしてやってほしい選手がこのメンタルの弱さでは話にならないと思うんですけどね。


個人的に本多選手には刺激が必要だと思っていましたから、井端選手に行ってほしかったんですけどね。ただ、まあ、井端選手は在京球団志望だったから無理だったでしょうが。


監督が聖域扱いしていますが、もっと刺激を与えないとこの年俸固定制の3年契約の期間でドンドンと腐っていくと思うんですけどね。言葉が悪いですが。


というか、変動制ではなく固定制を選んでいる時点で自覚がない!!今年優勝できなかったのはじぶんのせいじゃないと考えているのではないかと疑いたくなります。


大型補強に不満を募らせる前に己のことを見直して欲しいものです。怪我を言い訳にするのは止めてほしい。チームリーダーとしての自覚を持てと書きたくなります。


1番から8番に降格になったんだから少しは危機感を持ってやってくれよ!!本当に!!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村
2013-12-23(Mon)

イ・デホ選手もほぼ確定みたいで

ぶっちゃっけ、イ・デホ選手は不良債権になると思っています。具体的には2011年から加入したアレックス・カブレラ選手みたいに。

起こりうる事態としてはまず、ラヘア選手が来年4月か5月くらいに問題を起こす。イ・デホ選手も来年1年というか9月くらいまでは出場しているでしょうが、怪我で2軍落ち。2015年序盤に契約解除を申し出る。

もしくは2選手とも今年の松中選手みたいな行動に出る。

これは2選手の性格に問題があると見て書いているわけではありません。ホークスが外国人選手の扱い方が何一つ解っていないから書いているだけです。今のフロントの契約の仕方、現場の首脳陣のアホさ加減、福岡という土地柄を考えたときに間違いなく起こりうる事態です。

どういう付帯条項が入っているのか解りませんが、間違いなくイ・デホ選手に1軍保証は入っているでしょう。でないとオリックスの条件を蹴らないでしょう。スタンリッジ投手も阪神時代に入れていたみたいですし、ホークスでも入っているでしょう。

ウルフ投手とサファテ投手は推測になりますが、新聞記事の書き方だとサファテ投手には入っていて、ウルフ投手には入っていない感じですか。ただ、最初何試合分かの先発は保証されているでしょう。

そうでなくてもラヘア選手に使う外国人枠はない。本人は日本を足がかりにメジャーで良い契約をという考えで日本に来ていたでしょう。だから、成功しようという意欲が最初はあったと思いますが、それを見事にアホの秋山氏と打撃コーチの藤本氏がぶっ壊した印象。あの2人外国人選手の気持ちなんか理解できていないでしょうし、日本人選手を優先的に使いたいという考えがあるでしょうし。

話を戻せば2軍に居続ければメジャー復帰への道は厳しくなるでしょう。現時点では代理人に任せているんでしょうが、いざシーズン入れば契約解除を申し出てくるでしょう。リスクを負ってでもマイナー契約で戻るか別の国のリーグに行ったほうがまだチャンスあるでしょうし。だから、帰りますよ。ついでに首脳陣にも居場所を作ってもらえず、選手も外国人を受け入れようとしていないから2012年にカブレラ選手が帰ったときと同じことになるでしょう。

イ・デホ選手に関しては獲得に関する記者会見もしくはその後の王さんのコメントで「3割、30本、100打点は達成できる」みたいなコメントが出て終わりです。過去2年間上の数値を達成できていないわけで、来年達成できるとは思えません。そうなってくると王さんの言葉の重みに耐えかねた首脳陣が躍起になって技術指導を始めておかしくするでしょう。いつものパターンです。

もっと最悪のケースは王さんのコメントで「バレンティン選手の記録も超えられる」という趣旨のものが出たときです。こうなったらさらに悪いパターンでしょう。開幕後1ヶ月で問題行動に出ているかもしれません。

そうでなくても足が遅くて一生懸命走っているようには見えない走り方をしますからね。その点を秋山氏か藤本氏に指摘されてお終いでしょう。

ラヘア選手は楽天に行っていれば活躍していたと思います。力が無いわけではなかったと考えていますので。向こうでなら欠点修正もされず敗戦の責任を一身に背負わされることも無かったでしょう。星野監督は外国人選手の扱い方は熟知していますからね。どこぞのアホと違って。

外国人枠の争いとかマスコミが謳っていますが、ラヘア選手もそうですが、怪我が無い限りオセゲラ投手、バリオス投手、カニザレス選手にも出番来ないでしょう。異国の地で出番もチャンスも無く2軍で耐えられるとはとても思えないんですけどね。

若手にしても秋山氏が自分が把握している選手しか使わずなかなかチャンスめぐってこない中でモチベーションを保てるとは思えないんですよね。外国人選手の件もありますし。

王さんが育成放棄は1年限定だと言っていますが、大型補強のために有馬投手が戦力外になっていますし、1年というのは保証の無い若手にしたら大きな時間ですよ。この1年戦力外の恐怖と戦いながらノーチャンスで耐えないといけないんですから。上が考えている以上にきつい時間ですよ。

これで外国人選手が成功すれば良いですが、現状選手から反発が出ていて、選手会の方が受け入れる体制を作る気がしませんし、秋山氏は外国人選手の気持ちなんか1つも理解できていませんし、通訳の方も変えているはずで、スペイン語に英語に韓国語と3ヶ国語の通訳さんが必要でそれぞれで対立しそうですし、チームの和が出来るとも思えないので、99%失敗するでしょう。

阪神でもホークスでも思いますが、「バレンティン級の外国人」というフレーズを使うケースがありますが、じゃあ、巨人も含めますが、この3チームのどこかが「フライドチキンをほおばりながら説教を聴く外国人選手」許容できると思います?絶対許容しないでしょう。

大体バレンティン選手にしたって1年目、2年目と打率は酷かったんですから。

そもそも来日1年目でいつも王会長が使うフレーズ「3割、30本、100打点」を達成できる選手なんて12球団全体で1年に1人出てきたら良い方なんですから。

ヤクルトはそういう選手出てきますが、あそこは「フライドチキンをほおばりながら説教を聴く外国人選手」に対しても粘り強く何度も「話し合い」をする伝統があるからですよ。

基本ホークスは話し合いといいながら「強要」・・・書きすぎました「押し付け」をやるだけに過ぎないんですから。

ホークスの首脳陣は外国人選手の話を聞くように心がけない限り来季も序盤から出遅れて秋山氏が焦って自滅で真っ先に諦めてBクラスで終了でしょう。

変わるべきは選手ではなく首脳陣ですよ。特に秋山氏。自分の考えに固執してまるっきり過去の失敗から学ぶ気がないように思えます。向上心が無いんですよね。監督としての向上心が。変化もないですし。

そして、何より厄介なのが天才で教えられたことはすぐに吸収できてしまうために出来ない人間の気持ちがわからないという致命的な欠点を抱えているくせに人に教えたがるという悪癖がある点。

自分が余計なことを教えているから選手が壊れているという発想がまるで無いのが致命的。高校まで投手だったから投手まで指導しますからね。

何度も書いていますが、教えられただけで「力の入れどころと抜きどころ」が解るのなら誰も苦労しませんよ。

このあたりのことはいつか書きます。
2013-12-08(Sun)

今年のオフのホークスの補強に関して書いてみる

批判されるの覚悟で書いてみましょう。

まず、既に獲得済みの選手から。

中田賢一投手・・・本人がお母さんのいる福岡県に戻ってきたかったからというのは良いのですが、戦力として見た場
合には疑問です。理由はホークスで伸び悩んでいる投手が抱えているのと同じ症状を抱えているからです。
「ランナーが出るとランナーを気にして腕が触れなくなる。」
「1点を与えるのを嫌がって制球を乱して大量失点。」
「制球を過剰に意識してフォームがおかしくなる。」
「はまったときの爆発力は凄いけど、安定感がない。」

多くの方が書いているでしょうが、寺原投手と変わらない。有名な話ですが、14勝したシーズン後、欠点を修正しようとして落合監督に次の年「自分の良いところを自分で変えたんだから元に戻すのは時間がかかる」と言われ、結局今に至るまで治っていない。

秋山監督より優れた監督である落合氏の下でダメだったんだからホークスに来て来年活躍するとは今の時点では思えません。4年契約なので、再来年以降監督、首脳陣が変わればわかりませんが、現状ではロングリリーフでしょう。ロングリリーフとしてなら大きな怪我はしませんし、スタミナは十分なので、今のメンバーと比較した場合、かなりの戦力になってくれると思います。

ただ、その場合、監督が先発をあきらめるのが速くなって、1点、2点獲られた段階で変えて、中田投手は酷使され、若手には病が蔓延する結果になるでしょうが。

あまり走ってこないチームには強いんですが、パ・リーグは大体どこもという話ですからね。

鶴岡捕手・・・山崎と細川が若手とコミュニケーションを取れないというか引っ張ることが出来ていませんでしたから、悪くはないと考えています。ただ、鶴岡捕手は昔ダルビッシュ投手にオフのイベントでクイックをすることを要求していたのが気になります。確かにランナーに走られないようにするには捕手と投手との共同作業ですが、今のホークス投手陣に要求するようなら厳しいでしょう。具体的に教えられるのなら別ですが。

ただ、山崎や細川よりここ2年の打率は上ですし、王会長が長打力を求めなければ打力で戦力になりそうです。代打高谷とかを見なくて済みそうですし。後は千賀投手に対して「俺を信じて」(ここ重要)思いっきり腕を振ってこい!と言ってもらえれば。頼むからどっかの誰かみたいに2回捕逸した後に謝りもせず腕を振れのジェスチャーだけするのは勘弁して欲しいところ。

武田投手の教育係として期待されているみたいですが、そっちは期待していません。武田投手の症状はたぶん上のエピソードを考えても鶴岡捕手には無理そうですし。出来たらラッキーくらいでしょう。

細川捕手もいますし、ご本人の言葉通り野球は守りからですから第二捕手としてなら良い補強でしょう。
外国人投手とのコミュニケーションは取れるでしょうし。

カニザレス選手・・・見てみないことには何とも書けませんが、ラヘア選手との契約を解除していれば有だったと思います。外国人選手を争わせたところでろくなことにはならないというのを過去から学んでいないフロント陣に頭が痛いわけですが、DHもありますし、おそらく日本で成功しようという気持ちもあるでしょう。45万ドルくらいだったと思いますが、それくらいならという感じですし。

メジャーでもキューバ勢は躍進していて、日本ハムもアブレイユ選手も本塁打王になっていますし。ただ、アホの監督が反省もせずに完璧を求めて潰す可能性の方が高そうですが。アブレイユ選手みたいに序盤打率が悪いと厳しいでしょうね。

守備、走塁面を真面目にやってくれるなら良いんですが。

ここからは今のところ話が上がっている選手に関して。

スタンリッジ投手・・・うん、普通に阪神が契約しないとは思いませんでした。一時期巨人がという話が出たのに獲得に動かなかったのが気になるところではありますが、うちの監督以上に問題がある和田監督の下で防御率3位なら大丈夫でしょう。中6日で120球のスタミナもありますし。6年前に在籍していたのに戻ってくる気があるのであれば、十分に働いてくれると思いますし。監督が若手を全く信用していない状況なら獲得に動く判断は正解だと思います。

阪神時代に大きな怪我も無かったと記憶していますし。確実に規定投球回に達して、2点台の防御率が期待できるんだから動くでしょう。下手にメジャーの大物獲ってくるより計算できますし。

ただ、今の監督だとランナー出したらイライラしやがってみたいにキレだすのが心配なんですけどね。和田みたいに。このあたりは内野手との連携なんですが、今の内野陣だとなあ。ファーストの選手が固定されていれば心配も無いんですが。

ウルフ投手・・・スタンリッジ投手が市場に出てくると思わなかったので、今のところは疑問。ただ、シーズン終わった直後はありかなと思いました。上に書いたように下手にメジャーから外国人投手獲ってくるとろくにコミュニケーション取っていないのに「あいつは言うことを聞かない」というレッテルを貼るアホ監督ですからね。日本ハムが出すとは思わなかったので、動くのもありでしょう。ただ、スタンリッジ投手も右なので、オセゲラ投手の枠が厳しくなるのが疑問点なんですが。野手1、投手3で行くのなら有でしょう。

今年完投もしていますし、6回、7回までなら毎回計算できますし。今年の栗山監督の下で9勝出来たのなら、それくらいは計算できるでしょうし。チームメイトだった鶴岡捕手もいるわけですから、どうにかやれるかなと。

いや、むしろ、スタンリッジ投手とどっちかは獲らないとまずいというレベルかなあ。ただ、バリオス投手にも期待したいので、2人ともとなると疑問。

サファテ投手・・・これまた西武が出すとは思いませんでした。ただ、先発に比べて中継ぎの重要度が高いとは思えません。今年、押さえが固定できなかったという理論でしょうが、固定できなかったのは選手の力量というよりは監督の我慢の無さが最大の要因ですし。獲ってしまうと監督の贅沢病が悪化してますます押さえが固定できなくなるだけだと思います。力は解りますが、今のチームにはフィットしないと思います。

外国人枠の問題もありますしね。あの監督に上手く回す芸当が出来るとはとても思えないので、ダブつく上に多くの後遺症を残すだけになりそうなので、優先度は低いと思います。打たれたら真っ先に監督の槍玉に挙げられますしね。野村監督と上手く行かなかった感じがあるのを考慮すると疑問が。

イ・デホ選手・・・ええ、1番要りません。2年間の成績でオリックスが提示した3年12億でも高いと思うのにそれ以上出して獲る意味があるとは思えません。

というか2011年に同じ理由でオリックスから獲ったアレックス・カブレラ選手と同じ道をたどると思います。来日1年目のとき、4月は不振でしたし。ああいう感じになると確実に監督と揉めるでしょう。

監督と上手く行くとは到底思えません。あの人、契約でごり押しするタイプ嫌っているようですし、この選手、足が遅い上に一生懸命走らずフェンス直撃でも単打になりますから、確実に監督と揉めるでしょう。

イ・ボムホ選手も失敗していますし、より監督と合わなさそうなイ・デホ選手が上手く行くとはとても思えません。さらにラヘア選手を残した状態で、さらにカニザレス選手がいて、松中選手も含めてDHと一塁手が競争になる状況でチームの和が保てるとも思えません。

しつこいようですが、外国人選手同士を争わせる手法はろくな結果を生まないのは過去解りきっていることでしょう。それはホークスも失敗していますし、かつて清武氏がいたときの巨人も失敗しています。

外国人選手はただでさえ、新しい言葉の通じない日本という環境でストレスが溜まるのにその上競争となると。これがハングリーさがあれば別でしょうが、4億以上で契約した二人とかなると互いのプライドが悪い方向にぶつかるのは明白。まして、日本語、英語、スペイン語、韓国語で争うともなれば。

周りにも悪影響出るでしょうに。通訳さん同士がまずギスギスするでしょうし。ハングリーさが無くなるような契約で日本語を覚えるともとても思えませんし。

成功する理由がどこにも見当たらない中で獲りに行かれてもという気がします。まして、1塁は補強ポイントじゃないですし。内川選手か中村選手を1塁で外れたほうが外野。現状、中村選手が外野を希望しているのであれば、内川選手1塁で外野を1枠空けて競争を煽った方が長い目で見てもチーム力向上になりますよ。

努力すれば地位が得られるという状況で選手を争わせているのなら理解しますが、努力してもという状況を作って競争を煽ったところで結果は得られないというのを過去、巨人や阪神が証明しているんですけどね。

4番が固定できないから勝てないというのが獲得理由みたいですが、4番が固定できなくてもチーム得点自体はリーグトップなんですが。

それよりも3桁だった盗塁数が2桁に落ちたのを誰も問題視しないことに疑問が残ります。これの原因もいくつかありますが、最大は本多選手が数を落としていること。なのに、本多選手に刺激を与える気がまるでない補強方針にはあきれるばかりです。今宮選手のところだって安泰にさせるべきじゃないでしょう。

いつまでも同じメンバーで争わせていたところで意味が無い。強烈な刺激を入れるべきですよ。

なのに獲ってくるのが鈍足のイ・デホ選手となればあきれ返るばかりです。

必要なのは井端選手だったように思えます。ま、彼は在京球団志望だったので、厳しかったでしょうが、アクションを起こさなかったのは疑問。派手な部分ばかり派手に見える選手で補強すればいいというものではないということにいい加減、編成のトップの方は気づいて欲しいんですけどね。

しかも、いくつかの媒体で書かれていますが、最近の日本球界は争奪戦になると契約のときに外国人選手に対しては1軍保証が入る。それを入れるとあの監督は確実にキレるというのが解っているのに外国人選手を獲ってくるフロントは本気でどうにかして欲しい。今年のラヘア選手も楽天との争奪戦だったから入っているでしょう。楽天優勝時の記事を見る限りマギー選手には入っていたみたいですし。ラヘア選手に入っていないのは考えられない。

実際、監督は見限っているのにいつまで経っても2軍に落ちませんでしたし。最終的には怪我を理由に落しましたけど、怪我がないと落せない。そんな中で獲得したら監督に上手く行かずに不良債権でしょう。

2軍に落せない選手がいるのに競争だとか言われてもという話ですし。

1軍保証を入れてでも欲しいのは現状スタンリッジ投手かウルフ投手のどちらから1人でしょう。2人だと枠が無くなるから歓迎できません。アメリカみたいにトレードが活発ならともかくも。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村
プロフィール

激高!歳末セール

Author:激高!歳末セール
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。