FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-09(Tue)

閑話休題 ロッテ西村監督解任

先にお詫びを以前書いていた記事で駐米スカウトがいないとか書きましたが、バル様からコメントで指摘を
いただいて調べなおしたら以前ホークスでプレーしていたスクルメタ氏が米東海岸担当の駐米スカウトとして、
かつて南海ホークスで監督をされていたドン・ブレイザー氏の息子であるケント・ブラッシンゲーム氏が
西海岸担当の駐米スカウトとして2年前からおられるんですね。知識不足でした。申し訳ありません。
また、バル様ご指摘ありがとうございました。



さて、レギュラーシーズンが終わり、小久保選手の引退セレモニーもありましたが、まだ私個人的に嫌いですが、
CSがあるので、小久保選手への感謝の気持ちはCSや日本シリーズの結果が出てからにしたいと思います。



千葉ロッテマリーンズの敗因




ここから本題に。西村監督の解任が発表されましたが、彼一人の責任なのかなと思うんですよね。ロッテファンの
方は相当不満が溜まっていたみたいですが。個人的に今年は検討していたほうだと思うんですよ。正直昨年のオフの
段階でシーズン途中首位に浮上する時期があるとは思っていませんでした。



まず、始まる前からローテーション投手の数が足りないと思っていました。それに加えて、ブルペン担当の
コーチは置いていましたが、一軍投手コーチが西本氏一人。しかも、その西本氏は二軍投手コーチとして育成能力が
無いというレッテルをスポーツ雑誌などで貼られていたにもかかわらず、彼が一軍投手コーチ。ロッテファンが
語るには彼は配置転換が上手いとのことでしたが、世代交代をしないといけない構成のチームなのに育成
手腕に疑問符が出ている人物でどうするんだろうという感じでした。配置転換が上手いのならヘッドコーチ
にして、もう一人投手コーチを入れておくべきだったと思うんですけどね。



実際、シーズン始まってから疲れが出始めた新人の藤岡投手や中後投手に修正をかけようとしてより悪化させ
る結果になったり、昨年から在籍している外国人投手が全員悪化していたり、ベテラン投手を復活させるわけ
でもなく、若い投手を二軍から引き上げてローテーションに定着させることも出来ずで。配置の方でも怪我で離脱の
多い内投手を抑えにする構想にしていたのに、怪我で離脱したときに誰が務めるのか決めきれていなかった印象。
経験のある薮田投手が代わりをやっていましたが、彼が6敗。益田投手を抑えにしないのかという意見がファンから
出るのも止むを得ないでしょうね。ただ、そうするには彼の代わりに使い勝手の良い中継ぎ投手が必要になりますし、
抑えは特殊なポジションで1年目からというのはきついですから、今年に入る前の段階でのフロントのミスでしょうね。
中継ぎを出す順番や役割も決まっていたようには思えず、益田投手の踏ん張りが無かったら途中さらに悪くなって
いた気がします。大谷投手をどういう起用に変えるのかが中途半端になっていた気がします。セットアッパーか
先発か。両方やらせて調整を難しくさせて失敗。本人のためにもならないですね。
他にも成瀬投手の被弾癖が治らなかったように課題を改善できなかったのが。そこが必要なのにそれが出来ない
投手コーチの責任を先に問うべきだと思うんですけどね。



打撃コーチも一軍が長嶋清幸氏一人だけ。しかも、イースタンは混成チームがあるのに二軍も打撃コーチが一人だけ
という意味不明な構成。その割に打線は機能していた印象があります。ただ、ここが西村監督の批判の対象でしょう
が、大松選手と荻野貴選手にこだわりすぎた印象。特に後者の荻野貴選手の扱いをこの3年間違ったのが痛い。
足が悪いのにアマチュア以来の内野に回して怪我させて、一年で再転向。しかも、清田選手と岡田選手がいるのに
優先的に起用していたのが。大松選手もホワイトセル選手と福浦選手がいるのにスタメンで起用したりというのが。
後は去年結果を出して飛躍させないといけない伊志嶺選手がダメになった点も大きいんでしょう。
それとロッテファンからすると後半失速していた井口選手とサブロー選手やキャプテンに指名されていたのに結果が
全くでない今江選手をずっと出していたのもダメだったんでしょうね。根元選手や新人の鈴木大地選手が結果を
出していたから余計に。

ただ、日本ハムやホークスを見ていて思いますが、そもそも根幹となる選手が活躍しないと若手は
育てられないでしょう。若手にいきなり負担が大きくなる構成にするとダメだというのはホークスファンとして
痛いほどわかりましたし。マリーンズの野手の方が精神的な強さはありそうですが。ただ、3人が防波堤として機能
したからこそ、上手く行った面もあるはずですからね。難しいところ。

去年はリーダーが不在で沈んだという記事がたくさんあったわけですし。サブロー選手の役割は大きかったと思い
ますよ。実際、四死球数は一位ですし。ホークスの多村、松中あたりのふがいなさに比べたら。

キャプテンに指名した今江選手があらゆる面で最低の数値を叩き出しているから最大の戦犯はこの選手でしょうね。
ただ、指名した上に負担を取り除けなかった監督が責任に問われるのは仕方ないのかなとも思います。



とはいえ、監督解任の前に一向に選手を育てられない投手コーチを置き、打撃コーチを一人しか置かないフロントを
どうにかしろよと思いますけどね。昨年オフの補強がドラフトと出戻りのサブロー選手に他球団でダメだしされた
グライシンガー投手とホワイトセル選手だけで、後半失速しないと思ったフロントが凄いと思います。それで監督
の責任だけにしてもなあという感じです。投手補強が7月末だったのもフロントのミスだと思います。あれで機能
すると思っているフロントが恐ろしい。しかも、日本一になれなかったら辞めると言っていた球団社長は残る
みたいで。オリックスの球団本部長もそうですが、背広組のフロントは責任取らないですね。

二軍がファームで日本一になっているから監督の腕次第では多少上がるかもしれませんが、そもそもフロントの
方がおかしい気がします。ロッテは。一軍と二軍の連携が出来る監督をつれてくるかと思ったら名前が挙がって
いるのは元西武の伊東勤氏ではという気がします。彼をつれてくるのは良いですが、フロントがきちんと選手とコーチを補強しないと来季も普通に無理でしょう。どうも報道のされ方だとコーチは伊東氏に一任するみたいですが。
秋季キャンプまでにコーチの組閣が決まっていなくてもというスタンスみたいですが、思いっきり骨格を変えるのに
相互理解の機会が無いという準備不足の状態で他球団と戦えると考えている時点で駄目な気がします。

来季は確実に今年優勝した日本ハムとはフロントの影響が広がり、苦戦は必至だと思います。ホークスにとっては
ありがたい話ですが。







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

激高!歳末セール

Author:激高!歳末セール
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。