FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-26(Fri)

2012年ホークスのドラフト結果 その1

2012年ドラフト結果


















ドラフト順位 名前
1位東浜巨(亜細亜大・投手)
2位伊藤祐介(東北学院大・投手)
3位高田知季(亜細亜大・内野手)
4位真砂勇介(西城陽高・外野手)
5位笠原大芽(福工大城東・投手)
6位山中浩史(Honda熊本・投手)
育成1位八木健史(群馬ダイヤモンドペガサス・捕手)
育成2位大滝勇佑(地球環境高・外野手)
育成3位飯田優也(東京農業大北海道オホーツク・投手)
育成4位宮崎駿(三重中京大・外野手)


とりあえず、本題の前に育成4位の宮崎選手の名前がすごいなと思いました。あのアニメ界の
巨匠と同じ名前とは。ご本人には悪いですが、面白いなと。ぜひ一軍に出てきて、対談できるくらいに
なってほしいと思います。



2010年10月に永山勝氏がスカウト部長になってから2回目のドラフト。分離ドラフトから元の
統合ドラフトに戻った08年に以降では初めてと書いていいほど意図がわかりやすく
バランスが良いと感じられるドラフトでした。



東浜選手に関しての詳しい感想は明日にでも感想を書きたいと思いますが、即戦力の右投手という
来季必ず必要になる選手で抽選で獲れて本当に良かったと思います。



投手4人の左右、高卒、大卒、社会人のバランスが良いと感じますし、内野手と外野手を一人ずつ
指名できていますから悪くないと思います。
欲を書けばキリが無いですが、大卒か社会人の捕手を正規ドラフトで獲れれば行って欲しかった。
支配下枠に5人しかいないので、不安が。



正規ドラフトで指名した選手に対する戦略的な感想は明日に回して、過去との比較を。



08年から11年まではあまりに高卒重視で東浜投手の指名が4年ぶりの大卒投手というね。育成には
時間がかかります。近年は多少方針を変えてきてもいますし、前ほど酷くはないから、成否に関して
論ずるのは難しいですが、昔から獲得の際に同じタイプを近い順位で獲る悪癖があり、毎回非常に
バランスが悪かった。今回はそれが改善されたので素晴らしい結果です。11年に関しては吉本投手
が残っていたのが良い意味での誤算で計算してではなかったみたいですし、そんなにバランスは悪く
なかったので、永山氏の意向が大きいのかなと思います。



ちょっと話がそれますが、同じタイプを獲るのは根本氏の理念からで、互いに競わせるということ
らしいですが、正直大抵のケースで誰も育たない上にほぼ片方が怪我をして2~3年以内に戦力外とか
いう状態なので、計画の無い状態でただやるだけなのは止めてほしかったんですよね。これは育成計画
というか最初の段階での教育、寮の環境などに問題があると感じる部分が多いです。いずれこれに関する
考えも書きます。



今回は育成ドラフトで同じタイプを獲っていますが、これに関しては何かしらの意図と計画が
あれば良いと考えています。






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

激高!歳末セール

Author:激高!歳末セール
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。